2016年12月12日

リネージュエターナルには二つの責任がある[ 1次CBT ]

NCsoft の野心作 「リネージュエターナル」 が、CBT を通じて、
その姿を大衆の前に現した。

去る Gstar 2011 公開以後、最初のテストだという事で、多くの人々が殺到、
テストが終了した後には、各コミュニティ掲示板がゲーム評価で盛り上がった。
それだけゲーマーたちの関心が高いという証拠でもあった。

Gamemeca

続きを読む...

投稿者 (む) : 12:30 | コメント (0)

2016年12月 9日

リネージュエターナルの最低 / 推奨 PC スペック(1次 CBT基準)[ 1次CBT ]

※1次 CBT 時点の必要スペックであり、今後変更される可能性はあります。

続きを読む...

投稿者 (む) : 08:47 | コメント (0)

2016年12月 7日

inven 記者によるリネージュエターナル 1次 CBT 評価[ 1次CBT ]

「リネージュエターナル」の 1次 CBT が、去る 12月 4日に終了した。

2011年 11月 8日に初公開されてから、約 5年ぶりに成り立った初テスト。
「リネージュ」 という IP を利用した重圧はそれほどにも大きかったし、
誰よりもこれをよく知る NCsoft だけに、ことさら気を使う姿だった。

1次 CBT バージョンは、去る Gstar 2014 現場にて公開された、
試演バージョンとは大きな差を見せた。

最初に適用された 「先発隊システム」 は、
NCsoft が提示する 「リネージュエターナル」 の方向性とも見られた。


1次 CBT が終わってから 2日が経過したが、関連コミュニティでは、
今も 「リネージュエターナル」 に関する多様な討論が行き交う状況だ。

「リネージュエターナル」 を実際にプレイしてみた記者たちは、
どう思っているのか、率直な意見を聞いて見た。

inven

続きを読む...

投稿者 (む) : 07:40 | コメント (0)

2016年12月 6日

「フィードバックを深く受けてもっと面白い姿に」 リネージュエターナル開発チーム インタビュー[ 1次CBT ]

NCsoft の新作 「リネージュエターナル」 が、5日間の初テストを終えた。

去る 2011年、Gstar で初公開された後、長い時間ベールに包まれていた本作。
多様な修正を経て、いよいよ初のテストを迎える様になりました。

初の 1次 CBT では、13種の個性溢れるエターナル(キャラクター)で構成する
「エターナルチーム」 や、フィールドボスモンスター 「チャンピオン」 そして、
各種ダンジョンがお披露目されました。

簡単な操作性、そして、休む暇を与えないクエスト構成により、
時間の経過を意識せずにゲームを楽しんだという肯定的な評価がある一方、
移動速度やストーリーの可能性、そして、エターナルバランス側面などで
否定的な意見も目立ちました。


CBT 間では、アンケート調査を通じて、ユーザーの多様な意見を取り集める
努力も伺う事ができました。
inven と出会った NCsoft Camp リーダーとディレクターも、激励を受けるより、
指摘を腹中に深く刻み、もっと努力するという考えを明らかにしました。

これに加えて、初 CBT に関わった率直な感想と、
今後の計画に対する方向性をインタビューしてみました。

inven
アジアトゥデイ

続きを読む...

投稿者 (む) : 17:29 | コメント (0)

2016年12月 5日

エターナルとチーム構成、アイテムと戦場情報も!リネージュエターナル CBT 主要ガイド[ 1次CBT ]

リネージュエターナルの 1次 CBT が、11月 30日 午後 4時から開始された。

リネージュエターナルは、リネージュの世界観を受け継ぐハック&スラッシュの
MMORPG であり、13種類の個性溢れるエターナル(キャラクター)中、
希望する 4種類を選択して 「エターナルチーム」 を構成し、入れ替えを活用した
戦闘を行うのが特徴だ。

エターナルが装着する事ができる装備と、チームに影響を及ぼす装備、
強化に使われる宝石など、多様なアイテムが存在しており、チームの
レベルが上昇する事により追加する事ができる多様なチームスキルを通じて、
自分のプレイスタイルに合うチームを作り上げる事ができる。

各エターナルが最高の境地に達すれば、「覚醒」 を通じて、
優れたエターナルに変化する事も可能だ。

MMORPG という特色を生かして、数十,数百の人員が同時に参加できる
「イベントシステム」 や 「ダンジョン」 も用意されている。
特に、一部地域は PK 可能地域であり、他人より優れた報酬を得る為には、
協同と競争を適切に組み合わせる必要がある。

inven

続きを読む...

投稿者 (む) : 19:57 | コメント (0)

 1  |  2  | All pages